進歩

めまいが診られず、不快な耳鳴りと難聴の症状だけを何回も発症する症例を区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メヌエル病」というケースもあることは意外と知られていません。
「いつも時間がない」「粘着質な色々な人間関係が嫌い」「あらゆる技術やインフォメーションの高度な進歩になかなか追いつけない」など、ストレスが蓄積される誘因は十人十色です。
スギの花粉が飛ぶ春に、小さなお子さんが発熱は確認できないのにクシャミや鼻水が止まない時は、残念ながら『スギ花粉症』の可能性があるかもしれません。
20歳代、30歳代で更年期が来たとすれば、医学的な用語で表すと「早発閉経(POF)」という疾患に当てはまります(この国においては40歳以下の比較的若い女の人が閉経することを「早期閉経」と言っています)。
複雑骨折によりかなり出血してしまった際は、急に血圧が下がって目の前が暗くなるようなめまいや冷や汗、胸のムカつき、立っていなくても起こる意識消失などの脳貧血が誘引されるケースがあります。
「肝機能の減衰」については、血液検査項目のGOTやGPT、γ-GTP(ガンマGTP)等の値によって判断できますが、ここ数年の間に肝機能が充分ではない方々がだんだん増えているということが分かっています。
何か物を食べる時は、食べようと考えた物を気軽に口へ入れたら約20回噛んで飲み込むだけに思われがちだが、それから体は実に律儀に機能し食物を身体に取り込む努力をしているのだ。
むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食事の欧米化や喫煙・アルコールの常飲・隠れ肥満などの生活習慣の質の低下、ストレス等によって、いま日本人に多いという疾患の一つです。
様々な花粉症の緒症状(水っぱな、鼻詰まり、連発するクシャミなど)のために夜よく眠れないと、それが要因で睡眠不足に陥り、翌日目覚めてからの業務に悪いダメージを与えることも考えられます。
悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、通常であれば人をがんから保護する役割を持つ物質を産出するための鋳型みたいな遺伝子が異常をきたすことで起こってしまう病気だということです。
アルコール、薬、化学的な食品の添加物などを特殊な酵素によって分解し、無毒化する事を解毒(げどく)と呼び、肝臓が果たしている主要な活動の一つだということは間違いありません。
「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、体内における脂肪の占めている歩合のことを指し、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(body weight)×100」という計算式によって値を確認できます。
いんきんたむしというのは、医学上では股部白癬という病名を持ち、カビの一種の白癬菌が陰嚢(いんのう)、股部、お尻などの部分に何らかの理由で感染し、定着してしまった感染症で俗に言う水虫です。
ばい菌やウィルスなど病気を引き起こす病原体(微生物)が口から肺の中に忍び入って感染してしまい、肺の内側が炎症を起こしてしまっている容態を「肺炎」と称しています。
AIDSはHIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって起こるウイルス感染症の事で、免疫不全を招き些細な細菌などによる日和見感染や癌などを発病する病状のことを指しているのです。