悪心

乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンに代わって、2012年9月1日以降は予防接種法で接種が推奨されている定期接種になり、小児科などの医療機関で接種するというスケジュール管理の必要な個別接種という扱いに変わりました。
突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、その大半が腹痛・吐き気・腹下しの症状が出る程度ですが、細菌性の場合はものすごい腹痛・長引く悪心・繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に38度以上の高い発熱が見分けるポイントだといえます。
バイ菌やウィルスなど病気を引き起こす微生物、即ち病原体が呼吸とともに肺に入り込み罹患し、左右いずれかの肺が炎症反応を示している様を「肺炎」と診断しています。
脚気(かっけ)の症状としては、手や足が何も感じない麻痺状態になったり下肢の著しいむくみなどが目立ち、発症から時間が経つと、最も重症のケースでは呼吸困難に至る心不全などを併発する可能性があるのです。
HIV、すなわちエイズウイルスを保有した血液や精液のほか、母乳、腟分泌液、唾液等の様々な体液が、交渉相手等の粘膜部分や傷口に接触すれば、HIV感染の危険性が高くなるのです。
一旦歯の表面を保護しているエナメル質を浸食するまでに拡大してしまった歯周病は、悲しいことに病状そのものが落ち着いたとしても、失ったエナメル質が元の量になるようなことはないに等しいと言われています。
グラスファイバーで作製されたギプスは、大変丈夫で軽量な上にとても持ちが良く、水に濡れてしまっても破損しないという長所があるため、現在採用されているギプスの定番製品だと言えるでしょう。
軽傷の捻挫だと決め込んでしまい、湿布をして包帯やテーピングなどでとりあえず固定し、様子を見るのではなく、応急処置を施した後少しでも早く整形外科へ向かうことが、結局は早く完治させる近道となります。
杉の木の花粉が飛散する時節に、まだ小さな子どもが体温はいつも通りなのに頻繁にクシャミをしたり水のような鼻みずが止まる気配をみせない状況なら、もしかすると『スギ花粉症』の恐れがあるかもしれません。
「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、人の体の中の脂肪の溜まっている率のことであって、「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(body weight)×100」という計算式で表すことができます。
普通では骨折はしない程度の弱い力でも、骨の同一の部位だけに何度も繰り返してひっきりなしにかかってしまうことによって、骨折に至る事もあり得るようです。
クシャミに鼻みず、鼻づまりや目の痒み・異物が入っているような感じなどの花粉症の辛い諸症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の飛散量の多さに比例しているかのように悪くなってしまうという特性があるということが明らかになっています。
植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルの類であるイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓から分泌される解毒酵素の自然な製造活動を促進しているかもしれないという新たな真実が判明しました。
最も大きな内臓である肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールが多く付着した脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、動脈硬化や肝硬変というような様々な健康障害の合併症を起こす恐れがあるのです。
花粉症の緒症状(水っ洟、鼻詰まり、くしゃみなど)のせいで夜よく眠れないと、そのせいで睡眠不足になり、翌朝目覚めてからの仕事内容に芳しくないダメージを与えるかもしれないのです。